« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/24

コーデマニア プラス

マイミクに招待されて始めたmixiアプリの「コーデマニア プラス」。

新人スタイリストとなって依頼者の希望通りにコーデしてくっていうストーリーなんだけども。

ゲーム自体は単純で遊びやすい。着せ替えもできるからスキマ時間にちょこちょこやるのにちょうどいいと思う。

が。

私って、もともとファッションにあまり興味ないのよね・・・。

だからさ、「こういうコーデにして!」って言われても、それって???なに?????なわけだ。

正解率は60%くらい?

「クラス感のあるバッグ」とか、「タイダイ柄」とか、「ゆるぴた」とか。

間違ったチョイスをすると、「これもいいんですけどもっとこんな感じがよかった」みたいに言われて。

わかんねーよ(# ゚Д゚) ムッキー

興味ある人はやってみそづけ。

| コメント (2)

2011/04/20

箱根旅②

Photo

↑このオムレツが食べたかった! 富士屋ホテルの有名なアメリカンブレックファースト。ジュースもジャムもおいしくてよぉ~w ヨーグルトがあれば完璧だったな。

ジュースはトマト、オレンジ、グレープフルーツの3つから選べる。
コーヒーか紅茶か。紅茶はレモンかミルクか。夜にコーヒーを飲んだから、朝はミルクティーで。
卵料理はオムレツ、ポーチドエッグ、目玉焼き、ゆで卵、などなどから選べる。ちなみに私はチーズオムレツ。
あとは卵料理に添えるもの、ベーコン、ハム、ソーセージからチョイス。

朝から満足でした。少し早めに起きて庭園を散歩してから朝食してもいいかも。

チェックアウトのリミットは11時だけど、電車の時間があるので10時過ぎには出た。いやもう、ほんとにありがとうございました。建物の古さは否めないけど、サービスがすごくいい。とても気持ちよく滞在できた。やっぱり高いけどさ。また行きたいって思う。
ちょっと贅沢したいとき、ゆっくりとくつろぎたいとき、おいしいごはんが食べたいとき、そんな時どきに、行ってみてほしいって思う。

さて、多少急いだのにはワケがある。
宮下から一気に風祭まで下り。かまぼこで有名な鈴廣にて「かまぼこ作り体験」をするのだ!

職人さんの手ほどきを受け、各自チャレンジ。板にすり身をのっけていわゆるかまぼこを作るのもなかなか難しい。竹の棒に伸ばしたすり身をくるくると巻きつけてちくわも作った。
かまぼこは蒸して仕上げるんだけど、蒸し器の人のとこに持ってったら、「上手ねぇw」って誉めてもらえたヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ
ちくわは専用の機械にセットするとぐるぐるしながら焼かれてく。15分くらい待てばちくわは焼きたてを食べられる。
かまぼこもちくわもだけど、私はケーキ作りで多少慣れてる?感じだからね。生クリームの扱いと似てるかも。

かまぼこを蒸してる間にお昼ごはん。会社の人も「おいしかったよ」って言ってた旬の割烹 潮の音に行ってみた。

Photo_2

↑まずはお酒w 旅の醍醐味、昼からお酒www これは箱根山っていう日本酒で、やや甘口。けっこうすっきりしてて呑みやすい。

Photo_3Photo_4

↑煮魚ご膳と焼魚ご膳。煮魚は金目鯛?焼魚は太刀魚。値段もいい感じだけど、見合ったおいしさでよかった。

できあがったかまぼこを受け取って、帰路についた。

Photo_5

↑これが私の作品。それなりにいい形してるでそ?

家に帰ってきたのは17時半くらい。ほんとに富士屋ホテルを満喫するための旅行だったけど、よかった。
旅先でなんとか体験するのって始めてだったけど、おもしろい。吹きガラスやってみたいなぁ。

帰ってきてから知ったことだけど、富士屋ホテルってカレーも有名なんですってね。次箱根に行ったらぜひ食べに行こうb

箱根って、近いからいいよね。車で日帰りが多かったけど、電車でゆっくり寄り道旅も悪くないなと改めて実感。けっこう遊べるとこもあるし、皆様箱根においでませw

| コメント (0)

2011/04/17

箱根旅①

先週、いつだったかの予告通り箱根に行ってまいりました。

震災の影響でロマンスカーがダメだったので東海道線で小田原まで。小田原で登山鉄道とケーブルカーに乗り放題の1日乗車券、トコトコきっぷを購入。まずは箱根強羅公園へ。

Photo

↑これは強羅公園に咲いてた川津桜。山の上だからまだ少し寒くて、咲いてたのはこの川津桜と噴水周りのパンジーくらい。せっかくローズガーデンがあるんだから、5月くらいにくればもっとキレイだろうなぁ。

ここのクラフトハウスはいろいろな体験ができるのでなかなかおもしろい。吹きガラス、陶芸、サンドブラスト、ドライフラワーアレンジメント。園内の見所もたくさんあるし、結構長い時間ここで遊べる。

母と私はドライフラワーアレンジメントを体験。母は月2回くらい?生花のフラワーアレンジメントをやってるからか手馴れたもので、順調に仕上げていってた。私は・・・、できた作品は↓にw

Photo_21

左が母で右が私の作品。
やってる間は無口で、2人して熱中して作ってたw
次はほかのもやってみたいなぁ(ノ´∀`*)

時間も15時を過ぎ、ホテルへ向かう。今回の旅の目的は観光よりも宿泊する富士屋ホテルだから、ホテル滞在時間をできるだけ長くしようと決めてた。
チェックインの途中で、「もうすぐ館内ツアーが始まりますけど参加しますか?」と聞かれたので参加してみた。富士屋ホテルの歴史が少しわかって、建物の見所とか宿泊した有名人とか、おもしろいエピソードがたくさん。

ようやく部屋に入ったのは17時過ぎ。早めの時間、17:40~のディナーを予約しといたから、着替えてメイクを直したらすぐに夕食。
でもその前に、気になるだろうお部屋の紹介をちょこっとだけ。宿泊したのはフォレスト館。1番歴史の浅い建物(といっても1960年竣工)。

1_223_2

意外と普通な・・・。置いてあるチェストとかはやっぱり歴史を感じるかな。バスルームは広めで、海外のホテル泊まったことある人ならわかると思う。トイレがあって、広めの洗面台があって、奥にバスタブが置いてあるのね。洗い場はナシ。でも、古さはあるけど、清潔感てのかな。嫌な感じはまったくない。

ここは元々は海外のお客様をもてなす為にできたホテルだから、館内を浴衣で歩くのはNG。私は半袖のワンピースにストールっていう姿でずっと過ごした。

さて食事にいきましょう。

Photo_3

↑セロリのポタージュ。じゃがいもとかも入ってるからセロリ臭さはそんなにない。さらっとして飲みやすいタイプ。

Photo_4

↑鮮魚のポワレ ふきのとうのソース 山菜のフリット添え。魚はスズキだった。ふきのとうも山菜も、少し苦味があるから重たくなくておいしかった。

Photo_5

↑骨付仔牛のソテー フォアグラバター添え。フォアグラってあまり得意じゃないけど、仔牛のソテーにいい塩味を効かせてくれて、これはおいしく食べれた。ほんとは手づかみで骨をしゃぶりたかったけど流石にお行儀悪いかな・・・とやめといたw

Photo_6

↑デザートはクリームシブーストとベリーのマリネ。やっぱねぇ。おいしいよ。食後のコーヒーとの相性もばっちり!

フレンチのコースって食べきれないくらい量が多かったりするけど、おいしかったせいかちゃんと全部食べれた。ちょうどいい量。思い出したらまた食べたくなってきた・・・w

食事もすんで部屋で少し休んだら、小さいけど大浴場へ。私はあったまるだけにして、メイクも落とさないように気をつけた。

密かに、最大の目的だったバーへ行くため!

母は疲れたのもあったんだろうけど、早々に休むとのことで、ひとりバーを満喫(〃▽〃) オリジナルカクテルの中で「ハーン」というのを頼んでみた。これね、本気でまた飲みたい。まさに私好み(*ノ∀ノ)

おなかも空いてないし、あまり酔うわけにもいかないから不本意ながら1杯だけで断念。でも満足な1日でした。

| コメント (2)

2011/04/14

指輪物語~その後~

Photo

家に帰ってきたら、↑こんな焼き菓子詰め合わせがテーブルに置いてありました。

例の指輪の持ち主さんが持ってきてくれたらしい。

イルピノーロの焼き菓子詰め合わせだよ!

えへへ(ノ´∀`*) 食べるの楽しみ~w

こんなん持ってきてくれるなんて、よっぽど嬉しかったんでしょうねぇ。それに、ちゃんと本人だったんでしょう。

実は今日、別の女性が「指輪のことで・・・」と訪れたらしい。「もう持ち主現れたよ」と言ったらすんなり引き下がったようですが。その人も失くした指輪を探してるんでしょうかね。持ち主さん現れた時点で貼り紙ははずしたんですけどね。

なんだか、おもしろい一件となりました。

ゲヘヘヽ(°▽、°)ノこれ絶対値打ちもんやで~www と思って貼り紙した甲斐がありました。

| コメント (0)

2011/04/12

指輪物語

別にロードオブザリングじゃぁないんですけどね。

2週間くらい前、会社に行こうと家を出たら道路に指輪が落ちてたんです。とりあえず母に預けて会社に行きました。

家に帰って、指輪をよくよく見てみると・・・

サイズはおそらく9号。
土台はプラチナ。
数字が内側に彫ってあって。
石が3つ。透明な石で、プラチナにはめるんだからダイヤでしょ。
石もけっこう大きいし。

きっと値打ちものでっせwww

売ったら結構な額になりそうだぜぃwwwっていう邪な思いは(つ´∀`)つ置いといて。

どう考えてもエンゲージリングとかマリッジリングだし、けっこうキズもついてて日常的にはめてたんだろうなっていうのがわかったから、探すだろうな・・・っと。

余ってたジュエリーケースに入れて、貼り紙を出すことにしました。でも持ち主じゃない人に渡らないように、

「指輪預かってます
サイズ推定9号
内側に○○○と彫ってあります。
お心あたりのある方お待ちしています。
真琴」

ってな感じにして、プラチナとかダイヤは記載しないようにしといた。

うちって、町内会の掲示板を玄関の横の窓のとこに設置してあって、そこに貼り紙しといたら。

今日持ち主が現れました!

やっぱり探してたそうな。以前旦那さんにうちの前あたりまで車で送ってもらって、おそらくそのときに落としたのでしょう。今日は仕事の関係でたまたまうちの前を通ったときに貼り紙を発見。「見せてもらえますか?」と来たらしい。

車の中を探したけれど見つからなかったそうで。めでたしめでたし。

貼り紙が効果あるとも思ってなくて、しばらくしたら交番に届けるつもりでいたんですけどね。それで持ち主が現れなかったらいずれ私のものになって換金しt・・・ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )アヒャヒャ!

こちらの「持ち主さん出てこーい」って思いと、持ち主さんの「指輪出てこーい」って思いが重なったんでしょうね。指輪だけに、円く収まった感じですね。ダイヤのようにキラキラしたお話でした。

| コメント (2)

2011/04/09

着付楽しい♪

習い事、4月から3つになりました。

結局、着付は習いに行ってます。前にも話した長沼静きもの学院です。

やる前にやや不快なコメントもいただきましたが。同じ話をほかでも聞きます。言われます。

が。その件で私なりの見解を言わずにいられない。

長沼に限らず、着付大手のところは特に「売りつけられる」って話を含めてネガティブな噂話が蔓延してますよね。まずはそこが不満。「売りつけられるからやめたほうがいい」って、でも着付は習いたいのにどこに通えっての?個人でやってるようなとこはネットにひっかかってこなかったりするし。

そもそも。

習い事をするのに条件てあるじゃないですか。仕事してるんだから平日昼間は無理だし。私は姉と一緒に仕事帰りに通えるところを選びました。時間はもちろん夜で、場所は私と姉の会社の中間くらいのとこ。
決め手になったのは、着物も帯も道具も全部借りられる点。毎回毎回、自宅から一式持って行くのって大変だし。

入学式に参加して、教室長の話を聞いて、ただ着方だけ習うんじゃない点も惹かれた。着物の歴史みたいな部分から、生地のこと、季節のこと、格、組み合わせ、etc.。
まったく着付、着物に関する知識がない私にはこのほうが嬉しい。

さて、みんなが一番気になるお金の話。
私は姉と一緒に入学したから、ちょっと安くなってますが。きもの着付科・大和撫子コース、本科と専攻科をあわせた7ヶ月で¥66,000-。まだ最初の部分のプレゼントしかもらってませんが、長襦袢までの下着を入手済み。練習用の洗濯できる長襦袢です。

この価格、高いと思いますか?

その考えは人それぞれでしょうけど。私は安いと思う。他の習い事を考えて比較してみるとわかりやすいかな。英会話なんてほんとに高い。1レッスン40~50分で3000円くらいですかね?

いろんな着付教室の料金調べたけれど、長沼は高い方ですね。無料なんてのもあるし。
呉服屋さんで着物一式を仕立てたら、無料着付教室10回分がついてきたって話もあります。それはそれでいいと思う。
「ご自身のお着物を持参ください」ってタイプの教室は安いです。

着付教室全般、安いと思う。それぞれの教室がどういう仕組みで経営が成り立ってるのかはわかりませんが。その影響か、「着付を習うのにお金をかけるのはもったいない」とでも思ってる人が多い気がします。
着物は日本の文化ですからね。代々親から娘へ・・・と伝えてれば着付教室なんて誕生してないでしょうね。
でもその文化を、私たち日本人は知らなすぎる。海外の文化を習得するのにはお金をかけるのに、自分たち日本の文化を知るのにはお金をかけるのもったいないと言う。知らないのに。

「売りつけられる」の真相、これはまだわかりません。まだそういう状況に会ってないから。先週は加賀友禅のお勉強をして、気になるものを羽織ってみたけど、売りつけられるような話は一切なかった。もちろん買いたい人は買えますけどね。高いのだと300万とかする世界だから、50万でも安く感じてしまう錯覚に出会える不思議。

けど、「売りつけられた」と感じるってことは、嫌々買わされたってことですよね。着物って高いんだから、簡単には手が出ないでしょ。なんで断れないんですか?
展示会に行って買わされた説を聞きますけど。同じように買って、満足してる人もいるはずです。高くても安くても自分が気に入ったのを買うべきだし、金額に関しては自分で払える上限てあるはずでしょ?買ったことを後悔してるなら、買われた着物もかわいそうです。

もうひとつ、よく聞くのが道具のこと。長沼では「みはま姿」っていうの使ってます。楽にキレイにお太鼓ができます。お太鼓以外の帯結びでも使えます。こういう便利な道具って、他の業界でもありますよね。こんな便利グッズ買っちゃった~!なんて話、日常茶飯事なのに。着付になるとどうして否定的な言われ方するんでしょうね。
長沼ではこのみはま姿を使った帯結びだけでなく、ちゃんと手結びも習います。
「それがないと出来ない!」ではなく、「それがあると楽チン、キレイ」なんですよ。

結果として、現状私は長沼に満足してます。

コメントをくださった方へ
長沼HPのQ&Aにもありますけど、イベントはあくまで勉強のために開催されています。
検定料が高い、お免状はいらないというなら断ればいいじゃないですか。
通われた教室に不満があるなら本部にメールでもしたらいかがですか?

| コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »